近郊の池へ鳥見に行った時に、出会った水鳥たちです。
hosigoi01
ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥、ホシゴイ(星五位)です。ホシゴイと云う呼び方は、ブロ友の散輪坊様から教えてもらいました。褐色の羽毛に黄褐色の斑点が入り、この斑点が星のように見えるのが名前の由来だそうです。
hosigoi02
水面の上に張り出した樹木の枝にジーッと止まったままです。夜行性なので昼間は休んでいます。成長(ゴイサギ)しますと、白と藍色の綺麗なツートン・カラーの鳥に変身します。
aosagi01
アオサギ(青鷺)。立派な飾り羽のある方は昼寝中で、顔を隠していました。
kawau
カワウ(川鵜)
kinkuro_hajiro
キンクロハジロ(金黒羽白)の雄繁殖期のオスは後頭の羽毛が伸長し、冠羽となって格好いいです。
hosihajiro01
ホシハジロ(星羽白)の雄。オスの虹彩は赤色です。
hosihajiro02
ホシハジロ(星羽白)の雌。メスの虹彩は褐色です。
hosihajiro03
ホシハジロがダンスを踊ってました(羽ばたき)。
kogamo01
コガモ(小鴨)の雄。小さいけど、オスの羽毛は繊細かつカラフルな芸術的な美しさで、格好いいです。
kogamo02
コガモ(小鴨)の雌。他の鴨のメスと同様に地味な羽毛です。唯一、緑色の翼鏡が隠れたオシャレです。
kogamo03
コガモのペア。日本での越冬中にペアとなり、シベリアに帰って産卵・子育てをします。
magamo
マガモ(真鴨)のペア。これも越冬中に番(つがい)を形成し、春には雄雌が連れ立って繁殖地へと戻ります。
karugamo
カルガモ(軽鴨)。雌雄判別が難しいのですが、多分ペアだろうと思います。
hidorigama
ヒドリガモ(緋鳥鴨)のペア和名は 頭部の羽色を緋色にたとえたことに由来します。
hasibiro01
ハシビロガモ(嘴広鴨)の雄。繁殖期のオスはどれも美しく変身します。メスにモテないと駄目です。
hasibiro02
ハシビロガモ(嘴広鴨)の雌。羽毛は地味ですが、モテモテのメスにとっては、オスは選(よ)り取り見取りです。
hasibiro03
ハシビロガモのペア。めでたく番になったようです。それにしても鴨の名前の付け方は、どれも素直ですね。小さいからコガモ、嘴(くちばし)が幅広いからハシビロガモ‥等々。分かりやすくて親しみがもてます。