当地や近郊の里山で出会った、これは??と云う花たちを集めてみました。
★変種・別種・奇形など
変種とは「
遺伝子の相違によって生ずる色彩・形態あるいは生態などの変異型、環境状態の違いによってできる変異型、奇形は別として、個体的変異の著しい異常型」などを云うそうです。
先日は、ブロ友さんがヒメオドリコソウの白花を取り上げておられました。ここでも、「通常の花色とは違う花色を付けた」変種たちを取り上げてみました。
karasunoendou01
カラスノエンドウ(烏野
豌豆)の白花。マメ科ソラマメ属の越年草。今まで色々な白花を見て来ましたが、カラスノエンドウの白花には初めて出会いました。
karasunoendou02
生い茂ったカラスノエンドウの中に白い花が咲いているのに気がつきました。
karasunoendou03
白い花は、間違いなくマメ科特有の蝶形の花姿をしていました。図鑑には、カラスノエンドウの白花に関する記載は見当たりませんでしたが、NET上にはいろいろ写真が投稿されていて、日本各地で見られるようです。
renge01
レンゲ(蓮華)の白花。一年草のレンゲは桃色の花が基本種で、白花は劣性遺伝だそうです。
renge02
レンゲ畑の中で、あちらで一塊(ひとかたまり)、こちらで一塊と、白花が混ざっていました。
renge03
これは桃花と白花の中間色で、うっすらとピンク色を帯びたレンゲでした。
siroyabukeman
ムラサキケマン(紫
華鬘)の白花で、シロヤブケマン(白藪華鬘)とも呼ばれます。花の先端に紫色が僅かに残ります。完全に真っ白な花をつけるのは、ユキヤブケマン(雪藪華鬘)と呼ばれます。
kotyou_syoujou01
垂直な岩壁などに咲く、コチョウショウジョウバカマ(胡蝶猩々袴)
花色に変異が多いショウジョウバカマですが、これは通常のショウジョウバカマの白花品とは異なります。長い間、シロバナショウジョウバカマと呼ばれて来ましたが、新たに本種はツクシショウジョウバカマと同類であるとされ、両種は統合されて、「コチョウショウジョウバカマ」と云う 独立した別種 として登録されました。京都府では準絶滅危惧種としてRDBに登録されています。
kotyou_syoujou02
関東地方南部から九州にかけての、山地の渓谷の林床や、水に濡れた岩壁などに生育します。ショウジョウバカマの白花品と異なる点は、ショウジョウバカマより湿った環境を好むことと、全体に一回り小柄で、一株に咲く花の数も少ないことです。最大の違いは、写真ではよく分かりませんが、葉の縁に細かいギザギザがあることです。
tanpopo01
道端の タンポポ(蒲公英) ですが、ちょっと変な姿に気が付きました。茎が異常に太くて、花の形もおかしいのです。どうやら タンポポの奇形 のようです。
tanpopo02
普通のタンポポは花茎の先端に1つだけ花を上向きに付けますが、これは先端に花が2つも付いていて、上を向くことが出来ず、お互いが横向きになって咲いていました。
tanpopo03a
下からのぞいて見ると、太い花茎から総苞が左右に2つに分かれて付いているのが確認出来ました。
★唇形のよく似た花たち
春先に道端や畦で見られる、唇型の花をつけている、よく似た植物たちです。
kakidoosi
カキドオシ(垣通し)。シソ科カキドオシ属のツル性多年草。茎は初め直立して花を咲かせますが、閉花後は茎は倒れて匍匐し、長くツル状に伸びて、隣の垣根も通り抜けていくことから、垣通しと呼ばれました。
tokiwahaze
トキワハゼ(常磐爆)。ハエドクソウ科サギゴケ属の一年草です。
murasaki_sagigoke
上記のトキワハゼと大変よく似ているのが、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)です。ハエドクソウ科サギゴケ属の多年草で、トキワハゼとの違いは、トキワは一年草、ムラサキは多年草、と云う違いがあります。とはいっても、そんな分類では見分けられませんね。まず花の大きさが違います。トキワは5-7mmほど、ムラサキは15-20mmと、トキワの倍以上の大きさです。開花時期も違います。トキワは「常盤」の通り、春から初冬まで咲いていますが、ムラサキは春から初夏までです。生息場所も違います。ムラサキは畦などの湿った場所に生え、トキワは道端など乾いた場所に生えています。他にも色々違いがありますが、一番の違いは、ムラサキは匍匐枝(ランナー)を出しますが、トキワは匍匐枝を出しません。
tutaba_unran01
ツタバウンラン(蔦葉海蘭)。オオバコ科ツタバウンラン属のツル性多年草。ヨーロッパ原産の帰化植物ですが、九州以外の全国で野生化しています。
tutaba_unran02
葉がツタ(蔦)の葉のようなので、ツタバです。英名は Coliseum ivy で、「コロシアムに生えるツタ」という意味です。石垣などで匍匐枝(ランナー)を伸ばしながら繁茂していきます。
明日(4/27)から、昨夏、骨折治療した際に右足首に埋め込まれたインプラント類を取り出す、抜釘(ばってい)手術のため再入院します。しばし、ブログを休みますので、コメント返信などが遅れましても、ご了承ください。