4月および5月に出会った樹木の花たち、その2です。撮り溜めていたので花期を過ぎたものから、最近咲き出したものまで混在しています。
nagaba_momiji01
ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)。バラ科キイチゴ属の落葉樹。本州中部地方以西から九州にかけて、山野の日当たりの良い場所に自生します。葉は互生で、モミジのように3-5裂しますが、特に中央の裂片は長くて先が尖っています。花は白色で下向きに咲きますので、この写真は枝を持ち上げて下方から撮ったものです。
nagaba_momiji02
茎は直立しますが、中ほどから枝垂れるように横向けに倒れることが多いです。
nagaba_momiji03
丁度、人の目線前後で枝垂れていますので、花は葉の下に隠れて見えにくくなります。閉花後、実は熟すと黄色ないしオレンジ色となり、とてもジューシーで美味しい実となります。
niga_itigo01
ニガイチゴ(
苦苺)。バラ科キイチゴ属の落葉樹。茎は立ち上がるも、よく分枝して、ナガバモミジイチゴ同様に背丈くらいの高さで枝垂れます。花は上向きに咲きますので、白い花がよく目立ちます。
niga_itigo02
葉は広卵形で、葉縁は浅く3裂し、各裂片の縁には鋸歯が見られますが、先端は円い感じです。実は熟すと赤くなり、これも美味しいです。種子の核に苦味があるのでニガイチゴと呼ばれますが、味見する程度では殆ど気になりません。
kusa_itigo01
クサイチゴ(草苺)。バラ科キイチゴ属の落葉樹。背丈が低くて草のように見えるのが名前の由来です。普通に見られるキイチゴの仲間では、花も実も最も大きい部類で、よく目立ちます。
kusa_itigo02
果実はキイチゴの中では大きくて、真っ赤に熟します。酸味もなく甘くて美味しいです。いわゆるノイチゴ(野苺)としては、最もポピュラーなイチゴです。
moti_tutuji01
モチツツジ(
黐躑躅)。ツツジ科ツツジ属の半落葉樹。ツツジは品種ごとに生息地が限定されることが多い樹木で、モチツツジは本州の静岡県・山梨県から岡山県・四国あたりまでの地域に生息します。
moti_tutuji02
長いメシベが1本、その周りにオシベが5本です。
モチツツジの茎や葉にはネバネバした液を出す腺毛が沢山あり、トリモチのようなので、モチツツジと呼ばれます。
koba_mituba
コバノミツバツツジ(
小葉の三葉躑躅)。ツツジ科ツツジ属の落葉樹。関東から中部地方に生息するミツバツツジに対して、コバノミツバツツジは中部地方から九州にかけて生息します。ツツジの中では開花が最も早く、早春から咲き始めて山の春を知らせてくれます。当ブログでも今年2回目の登場です。オシベは10本です。
doudan_tutuji
ドウダンツツジ(
灯台躑躅)。ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉樹。本州・四国・九州の温暖な岩山に生えますが、自生場所は非常に少なくて、野生種を見ることは滅多にありません。庭木や植え込みとしての植栽種が普通に見られます。
yama_tutuji01
ヤマツツジ(山躑躅)。ツツジ科ツツジ属の半落葉樹で日本固有種です。日本の野生ツツジとしては分布域が最も広くて、全国の山地で見られ、日本の野生ツツジの代表種と云えます。
yama_tutuji02
花色は朱色が基本ですが微妙な色のバリエーションもあります。オシベは5本です。
<追記> この下の写真はヤマツツジでなくて、キリシマツツジ(霧島躑躅) かも知れません。キリシマツツジは、ヤマツツジとミヤマキリシマとの交配種だと云われています。
yosino_tutuji01
ヨシノツツジ(吉野躑躅)。ツツジ科ツツジ属の半常緑樹ですが、花の形状や付き方がシャクナゲに似ています。ヨシノツツジは、シャクナゲとツツジとを交配して作られた園芸種です。
yosino_tutuji02
とても花付きの良い品種で、春に鮮やかなピンク色の花を株全体に沢山咲かせます。
hirado_tutuji
ヒラドツツジ(平戸躑躅)。ツツジ科ツツジ属の常緑樹。江戸時代初期に、ケラマツツジを親として、モチツツジやキシツツジなどを交配して作り出された交雑種(園芸種)で、古くから長崎の平戸地区で栽培されてきたことが名前の由来です。江戸時代より非常に多くの品種が作り出され、1951年以降そのうちの約300種が選抜されて、ヒラドツツジとして呼ばれています。花が大きくて見栄えし、花付きもよく、花色も色々多彩なので、庭木や公園樹・街路樹としてよく利用されています。写真は当地の公園の生垣として植えられているものですが、時に「八重咲きの変種」が出現し目を楽しませてくれています。