樹木の花や実です。
nejiki01
ネジキ(
捩木)。ツツジ科ネジキ属の落葉樹。東北地方以南の山地に自生します。5-6月頃に、アセビに似た花を下向きに咲かせます。花は枝一列に整列するように並んでいて、仲々美しいです。
nejiki02
ネジキの幹は成長と共に捩(ねじ)れることから、ネジキと呼ばれます。近縁種のアセビ同様に有毒植物です。
soyogo
ソヨゴ(冬青)。モチノキ科モチノキ属の常緑樹。本州中部以西の山地に生息します。雌雄異株で、これは雌花です。
soyogo02
ソヨゴの雄花。雌花が1個づつ散らばって咲くのに対し、雄花は沢山の花が集まって咲きます。
tobera
トベラ(
扉)。トベラ科トベラ属の常緑樹。4-6月頃に枝の先端に集まって花が咲きます。雌雄異株で、これは雌花です。花は5弁花で、咲き始めは白色、徐々に黄色に変化していきます。
ibotanoki
イボタノキ(
水蝋樹・疣取木)。モクセイ科イボタノキ属の落葉樹。全国の山地の明るい林縁に生えます。6-7月頃に先端が4裂した筒状花をつけます。
nezumimoti02
ネズミモチ(鼠黐)。モクセイ科イボタノキ属の常緑樹。花期は6月頃、円錐状花序に多数の白い小さな花を付けます。
teika_kazura01
テイカカズラ(定家葛)。キョウチクトウ科テイカカズラ属のツル性常緑樹。
本州から九州にかけての常緑樹林や岩場に生えます。花期は5-6月頃で、白いスクリュー型の5弁花を付けます。花には芳香があり、花の色は白から淡黄色に変わっていきます。
teika_kazura02
茎から気根を出しながら、樹幹や岸壁を這い登っていきます
。秋には、長さが 15-20cm にもなる、大きなマメのような袋果をつけます。
hatuyuki_kazura01
ハツユキカズラ(初雪蔓)。キョチクトウ科テイカカズラ属のツル性常緑樹。テイカカズラの斑入り園芸品種です。
hatuyuki_kazura02
NET上には、ハツユキカズラの花が咲いたのを見たことがないとか、植えてから10年目にして初めて花が咲いてビックリしたとか云う声が多いです。確かに花を見ることは少ないようです。でも、この木のように毎年花を付けるものもあり、その理由はよく分かりません。葉がピンクや白に変化するのが特徴で、別に花がなくても、葉の色の移り変わりを楽しめるので人気があります。秋から冬にかけての紅葉は素晴らしいです。
suikazura01
スイカズラ(吸い葛)。スイカズラ科スイカズラ属のツル性常緑樹。花をとって、口にくわえて吸うと甘い蜜を味わえることが、名前の由来です。また常緑樹ながら、寒い冬にも耐え忍ぶので、別名をニンドウ(忍冬)とも云います。この花もトベラ同様に、咲き始めは白色で、次第に黄色へと変化する金銀花です。花期は5-7月で、この頃には近くを通ると、とても甘い香りが漂ってきます。
kuri01
クリ(栗)。ブナ科クリ属の落葉樹。長い穂状の花が雄花、写真の一番下に見える、付け根の小さな花が雌花です。
kuri02
クリの雌花のアップです。一般的には子房は3つありますので、イガグリの中には3つの栗の実が出来ます。
kurumi
クルミ(胡桃)。クルミ科クルミ属の落葉樹。左は近所の公園にあるオニグルミの雄花ですが、何故か雌花は見たことがありません。右はご近所の民家に植えられている、初めて見たクルミの雌花です(品種は不明)。追記:散輪坊様からオニグルミの雌花と教えていただきました。