ササユリ山行の2回目です。天気のいい日を選んで、1週間前とは別の場所でのササユリたちです。
sasayuri1721
先週に出会った今年最初のササユリは、まだ三分咲き程度でした。1週間後の今度の山では、八分咲き状態でした。私の浅い経験則ではササユリの見頃は毎年6月X日ですが、各地のNET情報によると、今年は春に寒い日が多かったので、今年の見頃はどこでも例年より3-5日程度遅れているようです。写真は濃い目のピンクが鮮やかだったササユリ姉妹です。

sasayuri1722
細い山道の両脇には、沢山のササユリが顔を見せていました。
sasayuri1723
これだけ多いと、逆になにか私たちが美女軍団に、取り囲まれて見られているような感じです。
sasayuri1724
ササユリ五人娘。最初に咲いているから長女になりますね。
sasayuri1725
今日出会った中では一番の多姉妹、六人娘です。さて全部咲いている状態で、長女や二女などは、どれだか分かりますか? → 答えは最後に。
sasayuri1726
四人姉妹(左)と二人姉妹(右)の美の競演です。
sasayuri1727
ササユリの蕾姿も、気品があって美しいです。
sasayuri1728
明日には美少女に変身していることでしょう。
sasayuri1729
美少女に変身したばかりのササユリ。
(やく)や蕊(しべ)が、とても初々しいです。
jpg
色白美人の一人娘‥など、今日は三桁を数える多くのササユリたちに出会うことが出来ました。

sasayuri1730
恥ずかしがり屋で、こちらを向いてくれなかった四人姉妹でしたが、いずれも仲々のバックシャンでした。
sasayuri1724m
最後に、先ほどの問題の答えです。先ほど使用した写真で開花順序を番号で示してみました。
ササユリのような総状花序の開花順序は、花序の基部(一番下)から順に上へと咲いていきますので、①が長女、以下②③④⑤と順に開花していきますので、⑤が末っ子の五女となります。蛇足ながら、既にお察しの通り、三人娘とか長女とかの言い方は、私が遊びで使っているだけで、特別な意味はありません。