某湿原に湿地性特有の生物たち(トンボや花)を訪ねに行った時の、今回は植物編です。
isimotisou01
イシモチソウ(
石持草)。モウセンゴケ科モウセンゴケ属の多年草で食虫植物。生息地は千葉県以南の湿地周辺部の疎林や草原で、モウセンゴケのように表土上を水が流れる場所は好まず、やや乾いた粘土質の場所を好みます。
isimotisou02
花期は5-6月で、茎の頂に2-10個ほどの白い小さな5弁花を咲かせます。午前中に咲き、昼過ぎには花を閉じます。夏以降は休眠に入り、地上部は枯れてしまいます。国(環境省カテゴリ)の準絶滅危惧(NT)に指定されており、全国21府県でRDBに登録されています。近畿地方のRDB状況‥京都府・奈良県・和歌山県;絶滅危惧Ⅰ類、大阪府・三重県:絶滅危惧Ⅱ類、兵庫県:準絶滅危惧種、滋賀県:分布上重要種。
isimotisou03
茎葉は互生し、多数の腺毛をもつ三日月~盾形の葉を数多く展開します。腺毛から分泌される粘液は粘性が高く、
小石を持ち上げるほどの粘性を持っていまので、イシモチソウ(石持草)と呼ばれます。
isimotisou04
食虫植物は他の植物とは一味違います。見ているだけで神秘的で不思議な世界に引き込まれます。
isimotisou05
イシモチソウに捕らわれた虫たちが次々に見られました。
mousengoke01
モウセンゴケ(
毛氈苔)。モウセンゴケ科モウセンゴケ属の多年草で食虫植物。全国の湿地帯に生息します。コケと名前が付いていますが、コケではなく、種子植物です。花は白い5弁花です。
mousengoke02
花期は6-9月頃で、葉の中心から巻散(けんさん)花序を直立します。花序の先端はサソリの尾のように曲がることから、さそり形花序とも呼ばれます。葉は根生し、長い葉柄の先に卵状円形の腺毛のある葉を広げます。粘毛は赤く色づき、一面に生育している場所では毛氈を敷いたように見えることから、毛氈苔の名があります。
mousengoke04
朝露のように透明な水玉は、美しくキラキラ光る宝石のようです。英名は Sundew(太陽の露)ですが、これは単なる水滴ではなく粘液です。この美しさに魅せられて近寄ってきた虫たちを捕食し栄養を摂取します。こうした食虫植物の不思議な世界には魅せられずにはいられません。モウセンゴケは、全国17都府県でRDBに指定されています。近畿地方のRDB状況‥和歌山県:絶滅危惧Ⅰ類、大阪府・奈良県・三重県;準絶滅危惧種。
kobanotonbosou01
コバノトンボソウ(
小葉の蜻蛉草)。ラン科ツレサギソウ属の多年草。全国の山地の日当たりの良い湿地に生育します。花期は6-8月頃で、花茎に淡黄緑の花を数個付けます。トンボのような姿に見えるのが名前の由来です。
kobanotonbosou02
全国24都府県でRDBに指定されています。近畿地方のRDB状況‥大阪府・奈良県:絶滅危惧Ⅰ類、京都府・三重県:絶滅危惧Ⅱ類、兵庫県:準絶滅危惧種、滋賀県:その他重要種。
nebari_nogiran01
ネバリノギラン(
粘芒蘭)。キンコウカ科ソクシラン属の多年草で日本固有種。花期は4-7月で、花茎に総状花序を付けます。花被の下部は合着し、壷形の花となり、先端は6つに裂けています。
nebari_nogiran02
ノギランと良く似ていますので、花が咲かないと区別は難しいです。ノギランの花は大きく開きますが、ネバリノギランの花は、写真のように壷型で殆ど開きません。 
tokisou01
トキソウ(
朱鷺草)。ラン科トキソウ属の多年草。日本各地の日当たりの良い湿地に生えます。花期は5-7月で、花茎の頂に花を1個付けます。花の色が朱鷺(トキ)の翼の色であるトキ色に似ているのが名前の由来です。
tokisou02
この湿地では沢山の花が見られましたが、こちらを向いている花が少なくて、いい写真が撮れませんでした。
tokisou03
栽培目的の乱獲により、日本各地とも非常に少なくなってきています。国(環境省カテゴリ)の準絶滅危惧種(NT)に指定されており、全国でも沖縄を除く46都道府県でRDBに登録されている超貴重種です。近畿地方のRDB状況‥大阪府・奈良県・和歌山県:絶滅危惧Ⅰ類、京都府・滋賀県・三重県:絶滅危惧Ⅱ類、兵庫県:準絶滅危惧種。