入笠山と池山で出会った植物を、すべては紹介し切れません。2/3近くはお蔵入りせざるを得ません。特段の基準もなく自分の好き勝手にピックアップした植物たち、その1です。
benibana_itiyaku01
ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)。ツツジ科イチヤクソウ属の多年草。中部地方以北から北海道にかけて山地の林床や草原に生息します。関西では白花のイチヤクソウしか見ることが出来ませんから、この赤い花は林床ではとても新鮮に見えました。

benibana_itiyaku02
本種は群生するようで、小さな群落をつくっていましたが、足場が悪くて近寄ることが出来ず、ズームで撮ってみました。
ikarisou
イカリソウ(
碇草、錨草。メギ科イカリソウ属の多年草。4枚の花弁は細長い管状になっていて、船の錨(いかり)に似ているのが名前の由来です。
sirobana_ikarisou
シロバナイカリソウ(白花
碇草)。イカリソウの白花種(一品種)で、これらを総称して、イカリソウと呼ぶので、あえてシロバナと言わないことも多いです。
sakurasou
サクラソウ(桜草)。サクラソウ科サクラソウ属の多年草。江戸時代に数百の品種が作り出された古典園芸植物でもあります。今では
野生の群落を見ることは稀ですが、自生地では林間の湿地や原野の草間で生息しています。
kurinsou
湿原で多く見られた、クリンソウ(九輪草)。サクラソウ科サクラソウ属の多年草。山地の湿原や渓谷の湿地などに生息します。花は
花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることが名前の由来です。
nikkou_kisuge
ゼンテイカ(禅庭花)。ススキノキ科ワスレグサ属の多年草。尾瀬沼の尾瀬ヶ原や大江湿原の大群落などが有名なので、ニッコウキスゲ(日光黄菅とも呼ばれ、日光の固有種のように思われていますが、全国各地で普通に生息しています。
tumatorisou
ツマトリソウ(
褄取草)。サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草。花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、その色の入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているのが和名の由来です。ここでは紅色の褄取りは殆ど見られませんでした。
fude_rindou
フデリンドウ(
筆竜胆)。リンドウ科リンドウ属の越年草。入笠山頂上近辺で僅かに見られました。
nihon_suzuran
ニホンスズラン(日本鈴蘭)。キジカクシ科スズラン属の多年草。スズラン属の日本在来変種です。100万株のニホンスズランは入笠山の謳い文句なので、取り上げてみました。
doitu_suzuran
ドイツスズラン(独逸鈴蘭)。日本のスズランと比べますと大型で花の香りも強いです。観賞用のスズランは、このドイツスズランが殆どです。見分け方はご承知の通り、花が葉に隠れるように咲くのがニホンスズラン、葉よりも高い位置で咲くのがドイツスズランです。20万本のドイツスズランも入笠山の謳い文句です。

renge_tutuji
レンゲツツジ(
蓮華躑躅)。ツツジ科ツツジ属の落葉樹。全国の丘陵や山の日当たりの良い草原で見られます。満開でしたが、個人的には開花した姿よりも、蕾姿の方が、レンゲを想起しやすいのでこの写真を選びました。
hirohano_hebinoborazu
ヒロハノヘビノボラズ(広葉の蛇上らず)。メギ科ヘビノボラズ属の落葉樹。全国の山地の広葉落葉樹林帯などに生息します。今まで低木のヘビノボラズは黄色い花も赤い実も見てきましたが、これは樹高が3m以上ありましたので、何の花か分からず、奥の手を使って名前を調べました。
初めて見た樹木でした。
saruogase01
サルオガセ(
猿尾枷)。ウメノキゴケ科サルオガセ属の地衣類の一種。カラマツなどの樹木の幹や枝から長く垂れ下がっていて、最初は、ちょっと不気味な感じがしましたが、空気の綺麗な所にしか生息しない、ユニークな生態系の植物です。
saruogase02
別名を キリモ(霧藻)とも云います。霧の多い深山の木に付き、霧の中の水分を取り込み、自ら光合成を行って成長します。霞を食って生きているから、まさに仙人のような植物です。寄生植物ではないので、取り付いた植物から栄養を搾取するようなことはありません。池山や、特に入笠山ではよく見かけて、信州の思い出として印象に残った植物でした。

信州では早春の花から夏の花までが一緒に見ることが出来ましたので、とても有難かったです。関西で春に見忘れた花々が、ここでは姿が見られて、大いに得をしたような感じでした。