橿原市昆虫館で見た南国系の蝶たちの続きです。
tumabenityou01
ツマベニチョウ(褄紅蝶)の雄。シロチョウ科ツマベニチョウ属の蝶の一種。鹿児島県や宮崎県以南、沖縄県などに生息します。シロチョウ類としては非常に飛翔力が強く、翅を広げると9-10cmほどあって、日本では最も大型のシロチョウです。褄(つま=前翅先端)が紅色(橙色)なのでツマベニチョウと呼ばれます。オスの特徴は、前翅先端の三角形部分の黒色が薄く、後翅の先端も黒い班が殆どなくて白いところです。
tumabenityou02
ペンタス(和名:クササンタンカ)の花に群れる ツマベニチョウの雌 です。メスは、前翅の黒色も濃くて、後翅の外縁沿いにも明瞭な黒斑が並んでいます。
tumabenityou03
南国の花・ハイビスカスで吸蜜する ツマベニチョウ。
tumabenityou04
ツマベニチョウの翅裏は、淡褐色の雲状紋(隠蔽模様)です。
siroobi_ageha01
シロオビアゲハ(白帯揚羽)。アゲハチョウ科アゲハチョウ属の蝶の一種。アゲハチョウの仲間では小ぶりなタイプです。東南アジアに分布し、日本では南西諸島に生息します。
siroobi_ageha
この個体は尾状突起が欠損していましたが、後翅の白色斑が見事に一直線に並んでいるのが分かります。この後翅に白色斑が1列(帯状に)に並ぶのが名前の由来です。
siroobi_ageha03
シロオビアゲハ と オオゴマダラ のツーショット。
tuma_murasakimadara01
ツマムラサキマダラ(褄紫斑)の雄。タテハチョウ科ルリマダラ属の蝶の一種。南西諸島に生息します。
tuma_murasakimadara04
こちらは ツマムラサキマダラの雌。翅裏の模様が雌と雄では、大きく違うのが分かります。写真上の雄は茶の地色に白い斑点(点々)のみですが、写真下の雌は茶の地色に白い斑点の他にも白条(白線)が入ります。
tuma_murasakimadara03
交尾中のツマムラサキマダラ。左が雌で、右が雄ですね。
tuma_murasakimadara02
ツマムラサキマダラ雄の翅表。翅表の青色は雄の方が濃く範囲も広いです。雌の青色は薄くて先端部分のみです。
asagimadara02
お馴染みの アサギマダラ(浅葱斑)です。タテハチョウ科アサギマダラ属の蝶の一種。長距離を移動する蝶として有名ですね。日本全土から朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ山脈まで広範囲に分布しています。九州以北で成虫が見られるのは5月から10月頃までで、逆に南西諸島では秋から冬にかけて見られます。
asagimadara01
アサギマダラは、ここでも全放蝶中、21匹しかおらず、探すのに一苦労しました。やっと写真に撮れて喜んでいたら、あれっ、ま~! この個体の翅には「マーキング」が記されていました。自然界に放蝶する予定だったのが、そのまま居残ったのかもしれません。
ryuukyuu_asagimadara01
リュウキュウアサギマダラ(
琉球浅葱斑)。タテハチョウ科リュウキュウアサギマダラ属の蝶の一種。南西諸島に生息します。アサギマダラより一回り小さく前翅も後翅も地色が同じなので、アサギマダラとは区別が可能です。
ryuukyuu_asagimadara02
リュウキュウアサギマダラの翅裏。翅の裏側も基本的には表側の模様と一緒です。
ryuukyuu_asagimadara03
アサギマダラよりも、紋の模様が細かく、紋色も青味が強い のが特徴です。ちなみに「浅葱(あさぎ)」と云うのは、葱(ねぎ)の若芽に因んで、ごく薄い藍色(青色)のことです。
asagimadara03
展示室にあった「アサギマダラ」と「リュウキュウアサギマダラ」の写真です。
kasiwara_kontyuu05
久しぶりに訪れた 橿原市昆虫館(写真は
橿原市昆虫館ホームペ-ジより借用)でしたが、忘れていたことや新しく知ったこと等々、時間を忘れて楽しむことが出来ました。ただ、放されている蝶の中で、カバタテハ(蒲立翅)とクロコノマチョウ(黒木間蝶)の2種類だけは、時間の関係で探し出せなかったのが残念でした。でも、後者は既に当地にも定着しており、当地で見た クロコノマチョウの写真は → こちらです。