★シルバー健康ウォーク 2月例会「藤井寺 史跡・古墳巡り」 2/2
今月の例会ウォークは大阪府の藤井寺市から羽曳野市にかけて、史跡や古墳を巡り歩きます。
fujiidera01
朝9時30分に藤井寺市にある 近鉄・道明寺駅 に集合です。道明寺は、大坂夏の陣の最激戦地の1つで、駅前には道明寺の戦いの記念碑が建っています。豊臣方の後藤又兵衛や薄田隼人(すすきだはやと)などが、圧倒的多数の徳川軍を迎え撃ち、壮烈な戦いで戦死しました。3年前の「大坂の陣400年ウォーク」で訪ねた後藤又兵衛や薄田隼人については → こちらをご覧ください。
fujiidera02
本日の出席者は35名。出欠点呼後、道明寺天満宮 を訪ねました。
fujiidera03
道明寺天満宮・拝殿。拝殿の裏手には有名な梅林があるのですが、紅梅も白梅も一番花が幾つか見られただけで、満開はまだ先のようでした。
fujiidera04
天満宮近くにある 道明寺 を続いて訪れました。
fujiidera05
第19代・允恭(いんぎょう)天皇・恵我長野北陵(えがのながののきたのみささぎ)。古市古墳群を構成する古墳の1つで、墳丘長227m、全国20位の前方後円墳です。考古学的には 市野山古墳 と呼ばれます。
fujiidera06
大水川(おおずいがわ)沿いの散策公園 を歩き、大井ふれあいランドで小休止です。
fujiidera07
津堂城山(つどうしろやま)古墳。古市古墳群を構成する古墳の1つで、墳丘長208mの前方後円墳です。被葬者は明らかではありませんが、先述の第19代・允恭天皇の「陵墓参考地」と
して宮内庁は治定しました(後述)。
fujiidera08
津堂城山古墳から出土した 長持型石棺のレプリカ です。明治初期の天皇陵の治定作業ではこの古墳は陵墓とされませんでしたが、1912年に神社に建立する石碑の材料とするため、後円部の墳丘から石板を発掘したことがきっかけで、竪穴式石室と巨大な長持形石棺が発見され、鏡や鏃などの副葬品が多数出土しました。そのため、宮内庁は後になって
允恭天皇の「藤井寺陵墓参考地」として治定し直しました。
fujiidera09
羽曳野市の 陵南の森総合センター で小休止。短い休憩時間を利用して資料館で古墳出土品などを拝観しました。
fujiidera10
第21代・雄略(ゆうりゃく)天皇・丹比高鷲原陵(たじひのたかわしのはらのみささぎ)。考古学名は 高鷲丸山古墳(島泉丸山古墳)と呼ばれる直径76mの円墳です。
fujiidera12
第14代・仲哀(ちゅうあい)天皇・恵我長野西陵(えがのながののにしのみささぎ) 。古市古墳群を構成する古墳の1つで、墳丘長242m、全国第16位の規模の前方後円墳です。考古学名は 岡ミサンザイ古墳 と呼ばれます。岡は地名、ミサンザイはミササギの転訛です。
fujiidera11
仲哀天皇陵の大規模な水濠です 。
fujiidera13
アイセル・シュラホール は、
藤井寺市立生涯学習センターの愛称です。アイセルとは、Activity(活動)、Information(情報)、Consultation(相談)、Exchange(交流)、Learning(学習)の頭文字で、シュラは、藤井寺市から出土した古墳時代に巨石を運搬したと思われる修羅のことです。建物の外観デザインは、船形埴輪と修羅をモチーフに、歴史を継承し未来へと出帆する船をイメージして作られました。
fujiidera14
例会ウォーク自体は、このアイセルシュラホールで自由解散となり、私たちはシュラホールの展示室を見学しました。写真は井真成(いのまなり)たちが乗った遣唐使船の模型です。井という姓は中国風に一字に省略したもので、古代の帰化系氏族「井上(いのへ)氏」あるいは同様の帰化系氏族「葛井(ふじい)氏」の出身ではないかと推定され、この説を元に葛井氏ゆかりの葛井寺がある大阪府藤井寺市では、同時期の葛井氏に「○成」という名前が多く見られることを論拠として、井真成を「葛井真成」だったとして、「まなりくん」と云うご当地キャラクターが作られています。
fujiidera15
葛井寺(ふじいでら)南大門(重文)。寛政12年(1800)頃の竣工。入母屋造の楼門(2階建て門)です。今は赤い色も退色して淡いピンク色に見えます。
fujiidera16
葛井寺境内の 青銅鳥居(手前)と 紫雲石燈籠(後方)。青銅製の燈籠様の建築物は、何故か燈籠とは呼ばれず、青銅鳥居と呼ばれています。葛井寺は、説明するまでもなく、藤井寺の地名の起源となった古刹です。
fujiidera17)
本堂(重文:左)と、境内にある 旗掛け松(右)です。この松は珍しい 三鈷の松(さんこの松=三葉松)で、南北朝動乱の 正平2年(1347)、楠木正成は戦勝祈願にこの寺を訪れ、この松の木に菊水の旗を架け、正行・正時・正儀の三人の息子を呼び「この松葉のように三人力を合わせ、武士道に励め」と誓わせ、10倍もの細川軍勢相手に大勝しました。これ以来「旗架け松」と呼ばれ、この松葉を持つと力が付くと云う言い伝えがあり、今もどんな困難にも打ち勝つ不思議な力が授かると珍重されています。
fujiidera18
葛井寺の西門にあたる 四脚門(重文)。慶長6年(1601)豊臣秀頼によって再建されました。南大門同様に赤く塗られています。四脚門から退出すると、近鉄・藤井寺駅もすぐ近くです。藤井寺駅で私たちのウォークのゴールとしました。本日の歩程は 12.8km でした。