ゴールデンウィークになると混雑するので、その前に、ミヤコアオイ(都葵、京葵) や リュウキンカ(立金花)などを見に、山へ行こうと、山友達を誘って出掛けました。ちなみに、ミヤコアオイのことを我々友達同士では単に「カンアオイ」と呼び合っています。ミヤコアオイは、カンアオイ属の仲間の一つなんですが、この属にはカンアオイ(別名:カントウカンアオイ)という名前の品種もありますので、カンアオイと表現すると、ちょっとややこしいです(スミレ属のスミレと良く似ています)。カンアオイは、地域によって微妙に違いがあって、いろいろと変種があります。ミヤコアオイは近畿地方から西部方面、四国等の山林内に自生しています。花期は、これも地域によって幅があり、早春に咲くものが多いのですが、今回私たちが行った山では、ゴールデンウィーク前後が見頃となります。見頃といっても、小さな植物で、花は枯れ葉や土に埋もれていますので、かがみ込まないと、見ることは出来ません。山行の途中で、私が先に、偶然ミヤコアオイを見付けたのですが、そこは「その道の達人」の友人のことです。「先を急ごう、もっと沢山見られる所があるから」と、道なき山の急斜面をスイスイ登っていき、尾根筋の樹林下に点在するミヤコアオイへと引率してくれたのです。

042801_miyako
 葉は卵形で、基部の両端が少し張りだすのが特徴で、葉には写真のような白斑が出ます。

042802_miyako
 葉をそっと持ち上げて、地面の枯葉や土を取り除くと、ミヤコアオイの花が顔を見せてくれます。野生種のミヤコアオイの茎の色は、多くは上の写真のように暗紫色で、泥軸と呼んだりします。少数的に茎が緑色のものがあり(青軸と呼ばれる)、花も淡黄色や淡緑色をしていてます。青軸は見た目も美しいので、観賞用に沢山の園芸品種が作り出されています。野生の青軸はまだ見たことが無く、ぜひ出会いたい花の一つです。

042803_miyako
 萼筒は丸いキンチャク形で、暗紫色の萼片は、萼筒よりも大きいです。オシベやメシベは外からでは見えず、萼筒の中にあります。よく萼片や萼筒を切り取って、中の花を見せているWEBがありますが、私は(植物学者やマニアのように)花や葉を切り取って観察することは一切しない主義ですので、花の写真もここまでです。詳しく見たい人は、WEB等で検索してください。

042804_miyako
 カンアオイ属は、葉に出る模様(雲紋)も多様で美しくて、昔から愛されています。ここでは上記のような普通の雲紋が殆どでしたが‥

042805_miyako
 これは昔、兵庫県の丹波地方で出会った素晴らしい雲紋のミヤコアオイでした。ミヤコアオイは、日本特産の美しいチョウで「春の女神」とも呼ばれる ギフチョウの食草 としても知られていて(卵はこの葉の裏に産み、幼虫はこの葉を大量に食べる)、観葉マニア以外にも蝶マニアからも食草確保に狙われている気の毒な植物です。四国等では絶滅危惧種になっています。