奈良への、紅葉見物を兼ねた、足の向くまま気の向くままの、行き先未定の足慣らしウォーキングです。
★個人ウォーク 「奈良公園 と 北・山の辺の道」 11/18
kita_yamanobe01
JR奈良駅から三条通りを直進し、猿沢池から興福寺 を望みます。左端に南円堂(重文)、右端に五重塔(右:国宝)を望みます。澄みきった秋空と色づいた紅葉が気持ち良いです。
kita_yamanobe02a
先日、散輪坊様のブログに「長野市道路元標」の写真が載っていましたが、こちらは奈良市三条通商店街の東端、興福寺と猿沢池の近くにある 「奈良県里程元標(りていげんぴょう)」 です。明治6年(1873)12月20日、政府は太政官達第413号により各府県ごと「里程元標」を設け、陸地の道程(みちのり)の調査を命じています。東京の日本橋、京都の三条橋の中央を国内諸街道の起程とし、大阪府と各県は府県庁所在地の交通枢要地に木標を建てて管内諸街道の起程とするものとされました。更に大正8年(1919)の旧道路法施行で、各市町村に1個づつ「道路元標」を設置されることになりました。しかし、昭和27年(1952)施行の新たな道路法により、旧道路法は無効となり、道路の起終点は道路元標とは関係なく定められるようになりました。このため道路元標を管轄する組織の法的根拠や設置義務もなくなったため、かつて設置された道路元標は、その存在意義を失って道路工事や宅地開発などで撤去されたり、いつの間にかなくなってしまいました。奈良県里程元標も「奈良もちいどのセンター街」入口に台座を残すのみとなっていたのですが、2010年に「奈良市道路元標(右の小さな石柱)」の隣に復元されました。ここには江戸時代の「御高札場」も早くから復元されており、奈良奉行所が出したお触れ書きや掟が各種掲示されていて、非常に興味深い場所です。
kita_yamanobe02b
春日大社一の鳥居から南へ進路をとり、奈良ホテル前から飛火野の荒池を経て、鷺池の浮見堂で一服です。今日は天気が良くて、数組の和服姿の女性が紅葉の前でポーズをとっていました。
kita_yamanobe03
飛火野(春日野とも云う)を散策します。この辺りは勤務先の奈良厚生寮があった所で懐かしいです。
kita_yamanobe04
昭和初期に志賀直哉自身が設計した 志賀直哉の旧居 です。今は奈良学園の所有になっています。
kita_yamanobe05
柳生街道(滝坂道)を歩きます。春日大社南口まで400m程の位置にある 任意料金制の駐車場 です。料金箱に自分で適当と思う金額を入れます。あなたなら幾ら払いますか? ここは某神社文化興隆財団が事業必要資金をまかなう目的で寄付を募るために運営しています。幾ら払えば分からない人のために「駐車料込みで1口500円の寄付を頂ければ助かります」と付記されていますので、この程度は支払ってあげましょう。奈良で終日この料金なら超格安です。
kita_yamanobe06
柳生街道から 北・山の辺の道 へ入ります。
kita_yamanobe07
天平十九年(747)三月、聖武天皇の病気平癒を祈って、光明皇后によって創建された 新薬師寺 です。隣の鏡神社の紅葉や、比売(ひめ)神社の可愛い道祖神のような石仏を見た後、東に歩を進めます。
kita_yamanobe08
のんびりと北・山の辺の道を歩きます。左手の塀の向こうに見えるのが御蓋山(みかさやま)、右手の山が奈良の大文字として有名な高円山(たかまどやま)です。
kita_yamanobe09
白毫寺(びゃくごうじ)に向かう道筋から見た、左から若草山、御蓋山、春日山の山並みです。奈良公園辺りからでは若草山くらいしか認識できないのですが、南方からは3つの山がはっきり分かります。
kita_yamanobe10
白毫寺。高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建っていて、花の寺としても有名で、特に秋の萩が有名です。霊亀元年(715)、天智天皇の第7皇子・志貴皇子の没後、天皇の勅願によって皇子の山荘跡を寺としたのが始まりと伝えられています。白毫寺でUターンして、往路とは別の道を歩きながら奈良公園に戻ります。
kita_yamanobe11
御蓋山(みかさやま)です。三笠山とも書きますが、国土地理院が若草山の三角点名を三笠山としたため、より混乱し、若草山を三笠山と思っている人が余りにも多いです。百人一首で阿倍仲麻呂の和歌として載っている ”天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出(い)でし月かも” は、この御蓋山(みかさやま)のことです。御蓋山が、このように綺麗に見える場所はここだけです。
kita_yamanobe12
帰りは少しコースを変えて、紅葉を楽しみながら、柳生街道(滝坂道)の途中地点に合流し‥
kita_yamanobe13
高畑町まで戻り、春日大社南口から、昼なお暗い森の中の「上の禰宜道」を歩きます。途中の金龍神社や若宮神社などの摂社などを巡りながら、春日大社・楼門前 に到着です。朱塗りの廻廊と黄葉した樹木、苔むした石灯篭群に、日本人も外人も入り交じって俄かカメラマンが殺到していました。
kita_yamanobe13b
春日大社境内に、昨年(2015)2月に建てられた阿部仲麻呂の歌碑です。この歌碑には、ちゃんと「御蓋の山(みかさのやま)」と刻字されています。
kita_yamanobe14
一言主神社から水谷茶屋に抜け、奈良公園内を歩きます。まさに紅葉絶頂期でした。
kita_yamanobe15
奈良公園・浮雲園地から見た若草山です。JR奈良駅を基点とした本日の歩程は 9.4km でした。